読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMY

京都でトレランをしているおじさんのブログです

林道多めで保津峡から自宅まで

f:id:nmy:20160718065924j:plain
今週はJR嵯峨野線に乗って保津峡駅へ。朝7時にスタートです。

f:id:nmy:20160718071442j:plain
保津峡に流れ込む水尾川沿いのロードを北上して柚子の里、水尾へ。旧道はすぐ脇に川があって、木陰になってて涼しい。途中、明智越への分岐もありました。

f:id:nmy:20160718073115j:plain
水尾の浄水場の脇に愛宕山への取り付きがあり、今日はこっちから登ります。水尾からの登りは石段がないものの、道幅が広くて登りやすかった。

f:id:nmy:20160718080344j:plain
水尾の分かれで表参道と合流。

f:id:nmy:20160718081505j:plain
表参道には先週は無かった電球がずらりと張り巡らされていました。もうすぐ千日詣りだからかな。

f:id:nmy:20160718083439j:plain
3週連続でやってきた愛宕山。今週は霧もなくいい天気で眺望も良かった。

f:id:nmy:20160718083519j:plain
今週は竜ヶ岳には登らず、直接首なし地蔵へ向かう道へ。

f:id:nmy:20160718084420j:plain
天気が良くて低木が多いので、木漏れ日も多く漏れていて明るい雰囲気。そこそこ標高もあるのであんまり暑くもなく、気持よく走れました。

f:id:nmy:20160718085257j:plain
首なし地蔵、今日はこのまま真っ直ぐ林道へ出る道を進みます。

f:id:nmy:20160718090813j:plain
水が切れかかってきたところでウジウジ峠手前の水場を発見。めちゃくちゃ冷たくて最高だったけど、水場にずっとアブと蜂がいて水汲んでると群がってくるの止めて欲しかった。

f:id:nmy:20160718094512j:plain
ウジウジ峠、榧ノ木峠、松尾峠とひたすら石の多いダートの林道を走り続けました。ソールの薄いサンダルで来たので、石踏んだ時のダメージがだんだん蓄積してきて足がだるくなってくる。

f:id:nmy:20160718095559j:plain
やっと林道が終わって峰山へのトレイルへ。全く期待してなかったけど、ここのトレイルが最高でした。林道の石を踏みまくった足の裏を優しく包み込むフカフカのトレイル。

f:id:nmy:20160718100742j:plain
峰山の山頂。今日はここでセブンイレブンで買ったわかめおにぎりを頂きました。

f:id:nmy:20160718104157j:plain
下りは倒木三昧で結構ワイルド。下りきったところは高山寺の裏でした。観光客で賑わう境内をびしょぬれタンクトップにサンダルのおじさんがいきなり山から降りてきたという感じで恥ずかしかった。

f:id:nmy:20160718105145j:plain
今日はいつもの沢ノ池への林道を通らずに、東海自然歩道を通ることに。自然歩道と行っても、中川までしばらくは国道のロードだけど。丁度晴れてきてめちゃくちゃ暑く、脇を流れる清滝川へ降りる道を探しながら走り続けた。

f:id:nmy:20160718111804j:plain
中川トンネルの手前でやっと川に降りられた。思いっきり突っ込んでしばらくクールダウン。汗まみれで臭くなってたタンクトップも洗って絞って再スタート。

f:id:nmy:20160718113523j:plain
そこから沢ノ池や上ノ水峠へ続く道に折れてしばらく進むと、菩提の滝への道標が。これは行ってみるしかないと川の方へ降りていきました。

f:id:nmy:20160718113734j:plain
そして現れた菩提の滝。落ち口から滝壷まで一気に落下する力強い滝。滝壺へと飛び込むと結構深くて、足が付かないくらい。冷たくて気持ちよかった。

f:id:nmy:20160718115804j:plain
上ノ水峠に到着。ここまで来ると帰ってきたなあと感じます。いつものトレイルを下り、紙屋川沿いのロードを下って原谷へ。

f:id:nmy:20160718123409j:plain
原谷のミニストップでソフトクリームを食べて帰りました。34km、6時間ちょっとの旅でした。今日は34度超えた暑さの京都だったけど、川や滝のおかげで結構涼しく走れました。