読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMY

京都でトレランをしているおじさんのブログです

京都サンガF.C. J2第5節 カターレ富山戦

テレビ観戦。前半から富山の鬼プレスに苦しみ中盤で中々ボールが収まらず前線まで繋げない状況が続いた。苦し紛れのパスが繋がらず、自慢のパスサッカーができない状況で打開策が見つからないまま後半戦へ。

後半は少しずつ中盤支配できるようになってくるも、決めきれずにカウンター食らって一発に泣くという去年何度も見た負け展開。こういう時に宮吉の裏への飛び出しや久保の豪快なミドル、駒井のドリブル突破、安ちゃんのサイド抉ってからのクロスとか、そういう個人技で打開できるといいんだけど、今回は裏狙ったのがことごとくオフサイド取られて、FKでのトリックプレーは不発で、駒井の突破にはサポートがなく、右サイドは密集しまくっててスペースが埋まってた。

やっぱり工藤は前でなくボランチに置いて状況判断してもらうのがいい気がするよ。今年はサイドチェンジとか縦に早い展開とか、去年までの密集パスサッカー一辺倒から状況に合わせたサッカーできるようになってきたと思うので、ビルドアップの時に組み立てる人が重要だと思う。

そうすると前線にもう1人、ボール収められて状況に合わせたサッカーできる人が欲しくなるわけで、早く山瀬帰ってきておくれ…。