読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMY

京都でトレランをしているおじさんのブログです

白菜の中身

f:id:nmy:20111018215717j:image

白菜には得体の知れない何かが入っていると思う。白菜を生で齧ってもたいしてうまくないが、煮込んだり、炒めたりすると、白菜の中から何かが出てくる。

白菜を煮たり茹でたりすると、お湯がいきなりスープになる。それも特上のスープだ。特に豚との相性が抜群で、鍋の季節に大活躍する。

一度軽く炒めた白菜は、生のまま煮た場合とは別の何かが出てくる。少しつんと来る、癖になる何か。長崎の食堂で食べるちゃんぽんでよくあるアレ。なぜ炒めた時にそうなるのか、全くわからない。

一体、白菜には何が入っているのだろう。とらえどころのない白菜の中身。不思議だ。