NMY

京都でトレランをしているおじさんのブログです

私の癒やし

水が好き。走ってる時に飲む水が特に好き。水は冷たければ冷たいほどいい。走っていると冷たい水も温くなってしまうけど、沢の水や湧き水はいつも冷たい。

本当は浄水器とか通したほうがいいんだろうけど、構わずそのまま飲んでしまう。だって浄水器浄水場も水道もない時代、井戸を掘り始めるもっと前の時代から、人がずっと飲み続けてきたのはそんな水のはず。山中の清らかな沢の水や湧き水は、数ある自然界に存在する水という選択肢の中でも至高の存在。私の癒やしです。

京都の湧き水、お気に入りのベスト3を紹介します。

第3位:京見峠の水 (杉阪の船水)

f:id:nmy:20170826090051j:plain

多分京都で最も有名な水場だと思います。京見峠登って山の家はせがわを過ぎてちょっと行った所。ロードバイクで峠を登ってきた人も、車でわざわざタンク持ってくる人もよく見かける人気スポット。

柔らかくて、ほのかに甘くて、優しいお味。美味しいです。

第2位:ウジウジ峠とダルマ峠の間の水

f:id:nmy:20160807103454j:plain

ここの水はとにかく冷たい。真夏でもキンキンに冷えてます。ここより冷たい湧き水はありません。多分ね。

愛宕山から首無地蔵を超えて林道をしばらく朝日峯の方に進んだ所、ウジウジ峠の手前にあります。ここから先はダートの林道が長く続きます。トレイルでも舗装路でもないどっち付かずな道だけど、特に夏場はここの冷たい水が恋しくてついこのルートを選択してしまいます。

第1位:紙屋川上流のお地蔵さんの水

f:id:nmy:20171018081901j:plain

いつもお世話になっているお地蔵さんの水場。原谷から鷹峰を通って、紙屋川沿いに舗装路を登った上ノ水峠へのトレイル入口の手前にあります。東海自然歩道ですね。

まず立地。これからトレイルに入る前にここでボトルを満タンにしたり、トレイルから出てきた帰りがけは最後のご褒美として腹いっぱい飲んだり、トレイルの入り口にあるというのがまず良いわけです。そして味です。お地蔵さんの水だからでしょうか、柔らかくて優しいんですね。まさに私の癒やしです。

今週のお題「私の癒やし」

京都マラソン当たった

今日は最後の夏休み。いつもよりも遅い時間に起きだして、さあ今日はどこを走ろうか、出社時間の制限も無いから好きなところに行こうと思って、また原谷に行くことにしました。一昨日、Stravaの金閣寺氷室道っていうコースでPBが出て、もう少し本気で走ったらまだタイム更新できるかも、いっちょやってみようと。

家を出たら小雨が降っていて、タイム狙うには悪くないコンディション。ウォーミングアップ代わりのゆったりジョギングペースで入って、金閣寺の脇から徐々にスピードを上げてコースの開始地点から本気のダッシュ。傾斜の緩い序盤になるべくタイムを稼ごうと必死で脚を回転させました。中盤あたりから傾斜が10%を超えてきて超しんどい。なんとか堪えて耐えて走り続けてそのままのペースで登りきりました。これはPB更新したかも、帰ってAmbit同期するのが楽しみだなんていい気になったもんで、もう少し走ろうと長坂へ。だんだん強くなってきた雨が土砂降りに変わる頃に何とか登り切って、京見峠からロード下って帰りました。

帰ってシャワー浴びてどれどれなんてノリでStrava見たら、PB更新どころかCR取ってるじゃないですか! 参加者の少ないマイナーなコースとは言え、ちゃんとCR取ったのは初めて。いやー嬉しいなーと思いながらメールを見てたら京都マラソン当選してました。

まじかよ!

新たなる目標

f:id:nmy:20161106090906j:plain

先週の日曜日に予定していた丹後ウルトラマラソンが台風接近のため中止になってから1週間。この3ヶ月間暑さと戦いながら死ぬほど走ってきたので心にぽっかり穴が空いたようで、全く走る気が起きずに酒ばかり飲んで過ごした1週間でした。

駄目、駄目、駄目ッ!

そもそも来年 San Diego 100 にリベンジするために、100km以上走り続けられる脚を作ろうと始めたウルトラのトレーニングだったのに、通過点が無くなったくらいでこんな調子じゃ駄目すぎる。早く次の目標 (通過点) を決めないと、このまま惰眠とアルコールとポテトチップスを貪り続ける日々を過ごしてしまう。というわけで年内のレースに一通りエントリーしました。

京都、京都、そしてまた京都。見事に京都。地元のレース3連発です。マウントチョップは恒例の打ち上げも申し込んだし、京北は後夜祭と宿泊まで申し込んだので、飲む気満々。普通にやってたらファンラン3連発で終わってしまうので、ちゃんと目標を定めないと練習で追い込めない。というわけで、年内の目標は東山三十六峰のサブ3.5にします。

三十六峰は初出場だった一昨年が3時間56分、去年が3時間41分だったので、今年は3時間30分切りを目標に。メニューは「ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド」に載っている100マイルを目指すメニューを参考に自分で作成しました。というわけで、来週からまたがんばります。

ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド

ウルトラ&トレイルランニング コンプリートガイド